• トップ
  • 会長方針
  • 組織
  • 奉仕事業
  • 例会場のご案内
  • 会員企業
  • リンク

会長方針

クラブテーマ
「ともに輝き、ともに笑おう!!」
~笑う門には福来る~

2021-2022 年度会長を、仰せつかりました石松です。
どうぞよろしくお願いいたします。

 前年度は皆様もご存じのとおりコロナ禍より緊急事態宣言が発令され私たちの生活は今までとは一変してしまいました。そんな中、私たちのロータリーライフも同じようにいわゆる「三密」を避けるためにクラブ運営もたびかさなる例会の休会、社会奉仕事業、自クラブの行事など様々な規制により制限され、又、自粛によりやむを得ず中止や延期を続けながら行ってまいりました。
地区大会、地区協議会の地区の全体行事も同様にZoom会議や最小限の人数での開催など様々な条件付きのもとでの開催を強いられました。

 地区の全体行事は自クラブ以外のロータリアンに出会うことのできる大切な機会です。自クラブだけでは味わえないロータリーの楽しさでもありそれも味わうことができずロータリーライフでの充実感も同時に失われたところもあったように思います。

 そのような前年度に引き続き今年度はどのようにクラブ運営を行っていけるかはまだ正確にはわかりませんが私たちはそんな中でもロータリーの伝統と格式を守りながら奉仕活動を続けていかなければなりません。

 今年度のRIシャカール・メータ会長は、「私たちロータリアンは世界に奉仕してより大きな役割を担おう」、ということで2021-22年度のテーマを、「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」とされました。
このテーマには様々な意味がこの時代だからこそ込められているようにも思えます。

 そしてそのテーマを経てRI第2650地区 馬場益弘ガバナーは、「コロナ禍に負けず、仕事に活力を蘇らせ、周りの人たちに輝く笑顔を取り戻すことに専念するため、そしてロータリーにおけるRIとの違和感などを思慮深く考えるためにも」、と2650地区のスローガンを「活力と輝き」~ロータリーの基本を大切に~、とされました。

 そこで私たちの京都さくらRCのテーマはどうしようか、といろいろ考えました。
今年度の馬場益弘ガバナーが提唱されたスローガンは非常にわかりやすい言葉で目標と方向性をだしていただきましたので、そのスローガンの言葉「輝き」をあえて京都さくらRCのテーマに重ねたいと思います。
その言葉を重ねることで地区スローガンと常に私たち日常生活での言動を意識することができるように、ということもあわせ又、私たちRI第2650地区ロータリアンが共通の意識をもってこのコロナ禍で今までのように会う機会が少なくなった時代だからこそ、よりいっそうに皆とつながればいいな、という期待もあわせて考えました。

ということで、さくらRCのスローガンは、
「ともに輝き、ともに笑おう!!」~笑う門には福来る~
としたいと思います。

 RI第2650地区スローガンに込められた意味を少し自分なりに考えてみました。
「活力」ある私たちの奉仕活動やロータリーライフから、多様性、柔軟性とともに私たち皆が共通の目的で努力し共に汗をかき、その時に感じた思いや悩みなどを共有することで、その結果、奉仕した私たち、そして奉仕を享受した方々皆様が「輝ける」のだと思います。

そしてみんなで「輝いた」と同時に、皆で笑い笑顔になる、、、、
そうです、最後はみんなで一緒に笑いましょう!!

 最後になりましたが、私は会長の器でもないです、人間としてもまだまだ未熟でございます。
しかし、微力ではございますがこの一年、何とか頑張り通したいと思いますので、皆様、お力を貸していただきますようどうぞよろしくお願いいたします。

国際ロータリー第2650地区
京都さくらロータリークラブ
2021-22年度会長 石松 陽一